ケガに備える!スノーボード保険とは

スノーボード保険に加入しよう

若者人気のウィンタースポーツ

年々スノーボードをする人が増える中、スノーボード事故の件数も増加しています。 あるデータではスキー事故よりもスノーボード事故の件数のほうが多いことが明らかになっています。 無理な滑走はしないことが大事ですが、雪の状態や周囲の環境なども事故の起こりやすさに関係してきます。

何が補償される?

冬が近づいてくる中、今年もウィンタースポーツを始める人が出てきているのではないでしょうか。
冬のオリンピックでの日本人選手の活躍もあり、ウィンタースポーツに対する人気も上り坂にあるといえるでしょう。
特にフィギュアスケートは子供たちの習い事として定着しつつあり、日本の選手層も厚くなりつつあります。

ウィンタースポーツといえば長らくスキーが主流でした。
今でも多くの人が冬山へスキーをしに出かけています。
しかし最近では、若者を中心にスノーボードの人気が高まっています。
どちらもボードを使う競技であるという点では変わりありませんが、滑り方は全く違います。
スノーボードのほうが、スキーにはないいろいろな技があります。
半身の態勢でサーフィンをするようにスピード感のある滑りを見せる姿は、若者の目にも魅力的に映るのかもしれません。
しかし流行に火をつけたのはそのファッションであったともいわれます。
ヒップホップのファッションをとり入れたといわれるウェアが、男性だけでなく女性にもおしゃれなものとして受け入れられた背景があるようです。

そのような人気沸騰中のスノーボードですが、他方では大きなケガを起こしやすい競技でもあります。
雪山という大自然で行う競技であるうえ、ほかのスノーボーダーとの接触事故も心配です。
もし滑っている最中に事故にあってしまった場合に、その補償を受けられるサービスに加入しておくことが必要です。
スノーボード保険はまさにそのサービスを享受できる仕組みなのです。

価格を中心に比較してみよう

生命保険、死亡保険など、メジャーな保険に比べて、スノーボード保険はマイナーに感じるかもしれません。 もし他の保険で補償できる内容なら、わざわざ入らなくてもよいと考えるかもしれません。 しかしこの保険には、他の保険で補償しない内容を安価で提供するというメリットをもっているのです。

なぜ重要?スノーボード保険の強み

スノーボードに限らずスキーなどの雪山で行うスポーツには様々なリスクがあります。 雪に埋まったり、がけから落ちたり、遭難したりなど、大自然で行うがゆえに伴ってくる危険は大きいものです。 保険なしで滑ることは、無免許で車を運転するのと同じくらい危険であるともいえるかもしれません。


PAGE
TOP